木工技術10年

当社の知識とスキルは歴史を通じて洗練されており、

時代の革新により、長年の木工のノウハウを現代の建築に取り入れることができます。

AALTO HAITEKの物語

Aalto Haitek1877年に生まれアレクシ クスタアン ポイカホンカラ(Aleksi Kustaanpoika Honkala)は、フィンランドの木材建築の技術を教えるためにアメリカへ渡りました。背が高く頑丈な男性で、彼は木製の梁全ての長さを彫り、肩に背負う、はしごを登り片手で屋根に取り付けることができました。

約100年後、アレクシの曾孫のタパニ ホンカラは、新しい建築構成の発想を思いつきました。サウナを加熱している間、タパニは、組み立てキットから空の段ボール箱を手にしました。これは、誰もが接着剤を使わずに物を組み立てることができる、取り付け可能な木製ブロックのアイデアを引き起こしました。

タバニの甥であるヤンネ ホンカラ(Janne Honkala)は、18世紀と19世紀の丸太の建物を中心に、古代の家を復元する専門家として働きました。ある日、ヤンネは叔父を訪ねました。叔父は彼が取り組んでいたブリッジソリューションについて彼に相談したかったのです。しかし、ヤンネが化学物質を一切使用せずに、さまざまな構造に対するタバニの新しい構築方法の大きな可能性に気付いたとき、彼の関心はすぐに変わりました。この革新と長年にわたる創造的な仕事に基づいて、ヤンネ氏は2017年にAalto Haitek社を設立しました。

Aalto Haitek 社は、木材建築および建設業界向けの革新的で、健康的で、化学薬品や接着剤を使用しない大量木材製品の設計、開発、製造を行う持続可能な企業です。 当社の特許技術は、六世代前に遡るフィンランドのノウハウに根ざしています。 私たちは、成長するバイオ経済と循環経済の発展の一翼を担っています。

ニュースレターを注文する

サービスのプライバシーポリシーを確認しました。